仲がよくても相続争いになる!?揉めやすい家族の特徴を解説

仲がよくても相続争いになる!?揉めやすい家族の特徴を解説

「家族みんなで仲良く過ごしていたのに相続のことになった瞬間言い争いに…。」

相続で揉めるのは資産家だけではありません。

この記事では、「相続のことで揉めやすい家族の特徴」についてまとめています。

周囲の人や家族に迷惑をかけないためにも、事前にケースを確認しておきましょう。

  • 家族は仲良しだけど相続のことが心配
  • 相続で揉める前になにか対策できることはあるのか
  • 自分で解決できそうか

実際に自分の家族に当てはまるか考えながら読んでみてください。

子どもたちの仲が悪い

子どもたちの仲が悪い

特に、相続人(親)と一緒に暮らしていた長男と他の兄妹との関係がよくない場合、相続争いが起きる可能性が高くなります。

親の面倒を見ていた長男としては、次男と同じ法定相続分で財産を相続することに納得が行きません。

子どもたちの仲が悪くなかったとしても、相続問題を機に問題が顕在化し、争いになってしまうことも。

親としては、世話になった子どもたちのために、財産の遺し方について一定の配慮や準備をする必要があります。

子どもがいないので妻に全財産を相続させたい

子どもがいないので妻に全財産を相続させたい

子どもがいない夫婦の場合、どちらかが亡くなると、亡くなった方の両親が、両親が亡くなっている場合は亡くなった方の兄弟姉妹が法定相続人になります。

そのため、残された配偶者はいずれか法定相続人と遺産分割協議を行うことになります。

夫婦で築いた財産を兄弟姉妹にも配分しなければならない事態になりかねません。見落としがちなポイントです。注意しましょう。

未成年の子が相続人にいる

未成年の子が相続人にいる

未成年者は親権者がいない状態では遺産分割協議に参加することができません。

通常は両親が親権者になりますが、遺産分割協議において親権者が子どもの代理人になることはできません。

理由は、未成年者(子)と親権者(配偶者)がともに相続人になる場合、利益相反関係になるから。

また、相続税が発生する場合、親が財産を多く相続した方が税金上有利になるにも関わらず、子が未成年であるために、一定の財産を子が相続しなければならないことがあります。

この場合、税務上不利になってしまう可能性もあります。

相続人が多く話がまとまらない

相続人が多く話がまとまらない

代襲相続が発生し相続人が多くなると全員で話し合いの機会を設けることが難しく、遺産分割協議が困難になります。

代襲相続とは、亡くなるよりも前に相続人が亡くなっていた場合、その相続人の子や孫が相続人になることを言います。

相続人が多いケースでは、子どもが複数いる場合、被相続人が養子縁組を結んでいた場合などが想定されます。また、居住地が遠い相続人にとってはなかなかの負担に。

長男の嫁や孫にも相続させたい

長男の嫁や孫にも相続させたい

代襲相続をのぞいて、嫁や孫は相続人ではありません。したがって相続財産を受け取ることができません。

どれだけ献身的に介護を行っても、法定相続人ではないのです。また、可愛い孫も法定相続人ではないため、遺言がなければ遺産を受け取ることができません。

法定相続人以外の人へ財産を相続させたい場合には、遺言など事前の準備が必要です。

相続させたくない人がいる

相続させたくない人がいる

親子の縁を切りたいほど疎ましく感じる子に対しても、遺言がなければ法定相続分の遺産を受け取る権利があります。

廃除という方法によって相続人でなくしてしまうことは可能です。

相続人が一人もいない

相続人が一人もいない

亡くなった人の戸籍を調べると、法定相続人が一人もでてこないケースが出てきます。このような場合、家庭裁判所が特別縁故者に対して相続税財産の分配を指示します。

法定相続人ではない内縁の妻が被相続人の療養看護に努めたことをきちんと証明できれば財産の分配を受けることができます。

戸籍上の法定相続人がいない人は、亡くなった後の事故の財産の行方をしっかりと確定しておくことが望まれます。

財産の行方を定めるためにもプロに相談しよう!

財産の行方を定めるためにもプロに相談しよう!

札幌大通遺言相続センターでは、はじめて遺言書を作成するお客様に公正証書遺言を強く推奨しております。

当センターは、遺言内容の決定・原案作成・公証人とのやり取りやのすべてをフルサポートいたしますので、まずはお気軽に無料相談でお問い合わせください。

【札幌大通遺言相続センターに依頼するメリット

①道内で圧倒的な実績を誇る相談件数!

②地下鉄大通り駅直結でアクセス抜群

③はじめての方大歓迎!初回は相談無料

④事前予約なら夜間のご相談も可能

⑤メールでの相談は24時間対応

⇒さっそく無料相談してみる

まとめ

道内最大規模の司法書士在籍数を誇る【札幌大通遺言相続センター】は、札幌を中心に「遺言書作成」「相続手続き」「相続放棄」「登記名義変更」のご依頼・ご相談を幅広く承っております。

無料相談は「事務所面談」「メール相談」「ビデオ通話」の3つからお選びいただけますので、お客様のご都合に合わせて柔軟に対応することも可能です。

⇒まずは無料相談してみる

相続のことに関するお悩みは、なんでも私どもにおまかせください!みなさんの「わからない……」を「安心した!」に変えてみせます!

【基本情報】

  • 住所

北海度札幌市中央区大通西4丁目1番地 道銀ビル7階 法務会計プラザ内

 ★地下鉄大通駅 4番出口直結

 ★JR札幌駅 徒歩7分

  • 電話番号

0120-481-310

  • 電話対応時間

月曜日~金曜日

9時00分~18時00分


相続に関する無料相談・お問合せはこちらから!

札幌大通遺言相続センター LINE