仲がよくても相続争いになる!?揉めやすい家族の特徴を解説

「家族みんなで仲良く過ごしていたのに、相続のことになった瞬間言い争いに…。」

相続で揉めるのは資産家だけではありません。

この記事では、「相続のことで揉めやすい家族の特徴」についてまとめています。

周囲の人や家族に迷惑をかけないためにも、事前にケースを確認しておきましょう。

・家族は仲良しだけど相続のことが心配
・相続で揉める前になにか対策できることはあるのか
・自分で解決できそうか

実際に自分の家族に当てはまるかどうかを考えながら読んでみてください。

子どもたちの仲が悪い

特に、「一部の相続人が、親の財産に依存して生活している(※独身、離婚して実家に戻っている等)」、「親から金銭や不動産の贈与を受けた相続人と、贈与を受けていない相続人がいる」ような場合に、相続争いが起きやすい傾向があります。

親の面倒を見ていた長男としては、次男と同じ法定相続分で財産を相続することに納得が行きません。

このようなケースでは、親が健在であるうちは事を荒立てまいとして、子どもたちが話題に出すのを避けることも多く、親からすると「子どもたちの間で揉め事はないように見えてしまう」ということがあります。そして、相続を機に問題が顕在化し、親が亡くなってから初めて争いになってしまうパターンがほとんどです。

親としては、子どもたちによる遺産分けの話し合い(=遺産分割協議)が上手に進まない可能性を予め考慮し、財産の遺し方について一定の配慮や準備をしておく必要があります。

子どもがいない場合

特に子供がいないご夫婦の場合、どちらかが亡くなると配偶者だけではなく、亡くなった方の親が健在であればその親(※正確には直系尊属であり、祖父母等が相続人になることもあります)が、両親ともに亡くなっている場合には、亡くなった方の兄弟姉妹が法定相続人になります。

そのため、残された配偶者は他の相続人と遺産分割協議を行っていかなければ、不動産の名義を自身の名義に変更することも、故人名義の預貯金を解約して受け取ることもできません。

大切な配偶者が亡くなった中、相談できるお子さまもいらっしゃらず、亡き配偶者の親や兄弟姉妹に手続きのお願いをしなければならないことは、非常に大きな精神的・体力的な負担となります。

夫婦で築いた財産を兄弟姉妹にも配分しなければならない事態になりかねない、相続トラブルとなりやすいご家族の特徴のひとつといえます。

未成年の子が相続人にいる

未成年者が遺産分割協議のような「法律行為」を行う場合には、親権者などの法定代理人の同意が必要とされていることから、未成年者単独で遺産分割協議に参加することはできません。通常は、親権者が未成年者に代わって遺産分割協議に参加します。

しかし、未成年者が相続人となる相続においては、同じ1つの相続に関して、①未成年者とその親権者がどちらも相続人になっている、という状況や、②親権者が同一の複数の未成年者が、同時に相続人となっている、という状況が非常に起こりやすく、この場合、手続きの進め方に注意する必要があります。

このような状況においては、①未成年者と親権者がそれぞれどの程度の遺産を取得するか、親権者が勝手に決めることができてしまう、②それぞれの未成年者がそれぞれどの程度の遺産を取得するか、親権者が勝手に決めることができてしまう、といえるからです。

これを「利益相反の関係にある」といい、法律はこれを良しとしていません。そのため、遺産分割の場面だけ、特に未成年者を代理して遺産分割協議に参加する「特別代理人」を家庭裁判所に選んでもらわなければならない仕組みとなっています。

なお、特別代理人を選任しなければならないような場合には、どのような遺産分けの内容になるかに関して、家庭裁判所が細かくチェックすることになり、特に、未成年者が法定相続分相当の財産を受け取ることができないないようでの遺産分割協議が認められません。相続税が発生する場合、親が財産を多く相続した方が税金上有利になるにも関わらず、子が未成年であるために、一定の財産を子が相続しなければならないことがあります。

この場合、税務上不利になってしまう可能性もあります。

相続人の人数が多い

相続人となる子どもの数がそもそも多かったり、兄弟姉妹が相続人となっていたりという場合のほか、代襲相続が発生して相続人の人数が多くなってしまうと、相続人全員が集まるような話し合いの機会を設けることは極めて難しく、遺産分割が困難になります。

なお、「代襲相続」とは、被相続人が亡くなるよりも前に、本来であれば相続人となるはずであった方が亡くなってしまっていた場合に、その子ども等が相続人になることをいいます。

このようなケースでは、相続人一人ひとりの意見を集約することが困難になるほか、通常は関係する親族のどなたかが相続手続きの解決のために動き回ることとなりますので、一部の関係者に大きな負担をかけることにもなってしまいます。

親名義の不動産に居住している子どもがいる

主に介護を目的として、親名義の二世帯住宅に子ども世帯が一緒に住んでいたり、親名義の土地を無償で借りて子どもがその上に家を建てて生活している、といったケースが珍しくなくなりました。

このようなケースでは、二世帯住宅に同居している子どもや、親の土地に家を建てている子どもにおいて、「親が亡くなった時、この不動産は自分のものになる」と、当然に考えている場合が少なくありません。

しかし、相続人となる他の子どもたちが同じように考えてはいないことも多く、いざ相続が開始してから、「不動産は自分が貰って、預貯金は均等に分ける」と考える側と、「預貯金で調整して、不動産を貰う人が貰える預貯金は少なくて当然だ」と考える側の対立構造が生まれやすいといえます。

子どもの住まいを守るため、遺言書の作成や生前贈与など、相続対策をしっかり行っておくべき家族の特徴といえます。

相続させたくない人がいる

親子の縁を切りたいほど疎ましく感じているとき、ほとんど全ての場合、相手の子どもも親のことを同じ程度に疎ましく思っています。

そうすると、いざ相続が発生した際、その強い感情が「もらえる遺産はもらってやる」という気持ちにスライドし、遺産分割の場面において、他の相続人と衝突してしまう傾向が目立ちます。

特にこのように亡くなった親と衝突していた・疎遠であったというケースでは、他の相続人である子どもが親の介護をしていることも多く、「これまで親の面倒を看てきたため、少しでも多くの遺産を受け取りたい」側と、「もらえるものはもらってやる」と考えている側の対立構造が生まれやすいといえます。要注意です。

相続人が一人もいない

亡くなった人の戸籍を調べると、法定相続人が一人もでてこないケースが出てきます。このような場合、相続トラブルに結び付くイメージがないかもしれませんが、不動産をお持ちであった場合には、いつまでたっても不動産が処分されずに空き家となってしまい、戸建の場合には近隣住民の方に、分譲マンションの場合には管理組合に、多大な迷惑や負担をかけてしまうことに繋がります。

また、残ったものが金融資産だけである場合にも、通帳や預金証書を誰に引き渡したらよいかがわからない等、入居先施設に迷惑をかけてしまうことにもつながりかねません。

生前に関係があった方が家庭裁判所に申し出ることで、遺産の全部または一部を受け取ることができる制度(=特別縁故者の財産分与)が存在しており、親族や内縁の妻などが財産を受け取れる余地はあるものの、手続きは長期間に及び、また、自ら財産を受け取ることを申し出るこのような手続きを行うことに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。

戸籍上の法定相続人がいない方は、亡くなった後の自己の財産の行方にも責任を持ち、遺言書を作成するなどして、しっかりと財産の承継先を確定させておくことが望まれます。

【司法書士・工藤からのコメント】

相続の相談を受ける際、相続トラブルに発展してしまっているご相談者様からは、「自分がこんなことになるなんて思わなかった」とのお言葉をよくお聞きします。しかしながら、これで数多くの相続相談を受けてきた我々からすると、相続発生前の家族関係や住環境などから、相続トラブルの発生をほとんど確実に予測することができます。それでも相続トラブルが後を絶たないのは、残念ながら「自分たちの家族は大丈夫」という思い込みによって、何らの相続対策も行われないまま、相続を迎えてしまうためです。特に二世帯住宅や親名義の土地の上の家については、その後の住まいの問題と直結しますので、必ず専門家に相談のうえ、対策を行って頂きたいと思います。

財産の行方を定めるためにもプロに相談しよう!

札幌大通遺言相続センターでは、はじめて遺言書を作成するお客様に公正証書遺言を強く推奨しております。

当センターは、遺言内容の決定・原案作成・公証人とのやり取りやのすべてをフルサポートしております。まずはお気軽に無料相談でお問い合わせください。

【札幌大通遺言相続センターに依頼するメリット

①道内で圧倒的な実績を誇る相談件数!
②地下鉄大通り駅直結でアクセス抜群
③はじめての方大歓迎!初回は相談無料
④事前予約なら夜間のご相談も可能
⑤メールでの相談は24時間対応
⇒さっそく無料相談してみる

まとめ

道内最大規模の司法書士在籍数を誇る【札幌大通遺言相続センター】は、札幌を中心に「遺言書作成」「相続手続き」「相続放棄」「登記名義変更」のご依頼・ご相談を幅広く承っております。

無料相談は「事務所面談」「メール相談」「ビデオ通話」の3つからお選びいただけますので、お客様のご都合に合わせて柔軟に対応することも可能です。

⇒まずは無料相談してみる

相続のことに関するお悩みは、なんでも私どもにおまかせください!みなさんの「わからない……」を「安心した!」に変えてみせます!

【基本情報】

●住所

北海度札幌市中央区大通西4丁目1番地 道銀ビル7階 法務会計プラザ内

 ★地下鉄大通駅 4番出口直結

 ★JR札幌駅 徒歩7分

●電話番号

0120-481-310

●電話対応時間

月曜日~金曜日

9時00分~18時00分


相続に関する無料相談・お問合せはこちらから!

札幌大通遺言相続センター LINE