申立てに必要な書類と費用

成年後見制度を利用するには本人の住所地を管轄する家庭裁判所に申立てを行う必要があります。

申立てに必要な書類と費用は多くの場合、以下の通りとなっています。


【必要書類】
・申立書
・申立書附票
・後見人等候補者身上書
・診断書
・診断書附票
・申立人の戸籍謄本
・申立人の住民票
・本人の戸籍謄本
・本人の住民票
・成年後見人候補者の戸籍謄本
・成年後見人候補者の住民票

また、費用としては以下のものが発生します。


【発生する費用】
・診断書発行費用:5,000円~10,000円
・鑑定費用:60,000円程度
・収入印紙:3,400円
・切手:3,140円
・司法書士手数料:100,000円~150,000円


相続に関する無料相談・お問合せはこちらから!