専門家が公正証書遺言をすすめる理由は「確実性が高いから」!

専門家が公正証書遺言をすすめる理由は「確実性が高いから」!

もともと遺言には、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3つがあるのですが、結論からいうと確実性(間違いなく遺言が実行される可能性)の点では、公正証書遺言が一番です。

それでは、公正証書遺言の確実性が高い理由は何なのでしょうか。プロの視点で詳細にみていきましょう。

公正証書遺言おすすめ理由①無効になるリスクが低い

公正証書遺言おすすめ理由①無効になるリスクが低い

公正役場で作成できる公正証書遺言は、公証人(元・裁判官や検察官のキャリアを持っている人が多いです)が立ち会いますので、内容は逐一専門家の厳しいチェックが入ることになります。

遺言は法的拘束力を持つ書類ですので、もし素人の知識だけで遺言書を作成すると、思わぬところで無効になってしまう可能性があります。その点でいえば、やはり立ち合いのもとでつくられる公正証書遺言は非常に安全です。

公正証書遺言おすすめ理由②紛失や改ざんのリスクが低い

公正証書遺言おすすめ理由②紛失や改ざんのリスクが低い

作成した公正証書遺言の原本は、公証役場で安全に保管されます。

第三者が遺言書に干渉して改ざんをすることはほとんど不可能ですので、「死後にちゃんと遺言内容が実行されるのだろうか……」「内容を良く思わない何者かが故意に破棄しないだろうか」と心配のある方には、とくにおすすめです。

公正証書遺言おすすめ理由③相続手続きが非常にスムーズ

公正証書遺言おすすめ理由③相続手続きが非常にスムーズ

たとえば自筆遺言は、家庭裁判所での開封が絶対のルールと定められています。これを「検認」ともいいますが、基本的には遺族たちの間だけで自筆遺言を扱うことはできません。

しかし公正証書遺言は、検認の必要がないため、相続が発生次第、速やかに手続きの話へと移行することが可能です。

公正証書遺言おすすめ理由④証拠能力が高いため裁判でも強い

公正証書遺言おすすめ理由④証拠能力が高いため裁判でも強い

相続では、しばしば遺言内容をめぐって裁判が起きてしまうことがあります。

その際、たとえば自筆遺言などは、「それは本人が書いたものなのか?」「書いたときはすでに認知症で判断能力を失っていたのでは?」といった争点で問い直しが発生します。それをいちいち証拠だてて証明していくのは非常に手間ですよね。

しかし、公証人が立ち合いのもとで作成される公正証書遺言なら、「間違いなく本人が自分の意思で書いたもの」という証拠として強力です。証拠能力の高さは、やはり他の遺言の中でもダントツだといえます。

公正証書遺言おすすめ理由⑤口頭で遺言を作成できる

公正証書遺言おすすめ理由⑤口頭で遺言を作成できる

自分で遺言を作成する場合は、少しでも不備があると、それが原因で無効になったり、遺族同士で争ってしまったりする恐れがあります。

しかし公正証書遺言なら、公証人の前で遺言内容を伝えれば大丈夫です。必要なら、メモにしたためた内容を公証人に渡して遺言に反映してもらうこともできます。

「自分で遺言を書くのは気が引ける」「内容に不備があるかどうかを確認してもらう一手間が惜しい」という方は、公正証書遺言をぜひ検討してみてください。

さいごに

札幌大通遺言相続センターは、札幌の中でも高い相談実績を誇る、相続のスペシャリスト集団です。

当センターは、公正証書遺言のサポートを含め、生前の相続対策を幅広く承っております。ご相談・ご依頼は、事務所面談・電話・メール・ビデオ通話で柔軟に対応可能です。

初回相談は無料

まずは一度、お気軽にお問い合わせください。プロによる公平中立なアドバイスを受けることで、今後どうすればいいのか道筋を立てることができるようになります。


相続に関する無料相談・お問合せはこちらから!

札幌大通遺言相続センター LINE