相続時の不動産問題

相続不動産の評価方法

相続税に最も大きな影響を与えるのが不動産です。

通常、相続税については税理士が算出する場合が多いですが、彼らは不動産のプロではありません。

相続税が高いと思った時は、不動産のプロである“不動産鑑定士”にご相談されるのも良いと思います。

相続不動産の評価を減らす

相続税対策として、相続不動産の評価を減らすことは大きな節税効果があります。

不動産の分筆と境界問題

相続する不動産の境界問題でトラブルに発展するケースもあります。

境界問題の専門家である“土地家屋調査士”に調査を依頼しましょう。

相続不動産を上手に売却

相続した不動産を売却するなんて!と思われた方もいらっしゃるかと思います。

しかし相続後は不動産売却のチャンスです。気になる方はご検討されてはいかがと思います。

詳しくは、相続不動産を上手に売却のページをご覧ください。


相続に関する無料相談・お問合せはこちらから!