相続税の課税対象財産

相続の手続きとして最も重要なことは、相続税がかかる財産を把握することです。

相続対象の財産

相続税の対象となる財産は大きく、 

1.本来の相続財産  
2.生前の贈与財産  
3.みなし相続財産  

の3つに分類されます。

 

1.本来の相続財産

相続人による遺産分割の対象となる財産のことです。

 

2.生前の贈与財産 

相続により財産を取得した者が、相続の開始日から3年以内に取得した被相続人からの贈与財産及び相続時精算課税の適用を受けた財産のことです。

これらの財産はすでに被相続人の所有から外れていますが、相続税の計算上は本来の相続財産に上乗せします。

 

3.みなし相続財産

本来的に被相続人の財産ではないが、相続税の計算上はこれを相続財産とみなして、本来の相続財産に上乗せする財産のことです。

死亡保険金、死亡退職金などがこの分類に属します。


相続に関する無料相談・お問合せはこちらから!