未成年が相続人だった場合の手続き方法とは?

未成年が相続人だった場合の手続き方法とは?

普通、遺産の分配は遺産分割協議で相続人同士が話し合って決めていきます。

しかし、未成年の相続人遺産分割協議に参加することができません。その場合は、親や成年後見人が未成年者の代わり、すなわち「法定代理人」となって協議をサポートする必要があります。

とはいえ、子も親も同じ相続人の立場だった場合は、利害が衝突する可能性もありますので、実質的に自己決定権のない子にとってはアンフェアな状況に立たされてしまいます。

ですから相続人が未成年だった場合は、特別代理人をたて、遺産分割協議をサポートしていくことになります。

特別代理人とはどんな人?

特別代理人とはどんな人?

家庭裁判所から選任された、ある特定の手続きのための代理人。それが特別代理人です。特別な資格は必要なく、相続人に該当しない成人であれば、親族でも特別代理人になることができます。

成年後見人と異なるのは、特別代理人が決められた手続きのみを代理するという点です。

未成年者が相続人のケースで選任された特別代理人は、「遺産分割協議への参加」「遺産分割協議書の署名・押印」「相続登記や口座に関する相続諸手続き」などを代理することができます。

もし親族に特別代理人の候補がいない場合は、家庭裁判所が弁護士司法書士といった専門家を選んでくれますのでご安心ください。

特別代理人の選任には申請が必要

特別代理人の選任には申請が必要

家庭裁判所に選任を依頼するには、書面に従って正式に申請する必要があります。しかも必要書類の中には、遺産分割協議書の内容をしたためた書類も別途作成しておかなければなりません。

しかし中には、煩雑な書類手続きのために、なかなか申請を進められないという方も多くいらっしゃいます。

そんなときのために、相続関連のプロである、私たち司法書士がいます。

札幌大通遺言相続センターは、札幌の中でも高い相談実績を誇る、相続のスペシャリスト集団です。

当センターは、遺産分割協議のサポートや、特別代理人の選任申請書類も幅広く承っております。ご相談・ご依頼は、事務所面談・電話・メール・ビデオ通話で柔軟に対応可能です。

初回相談は無料

まずは一度、お気軽にお問い合わせください。プロによる公平中立なアドバイスを受けることで、今後どうすればいいのか道筋を立てることができるようになります。


相続に関する無料相談・お問合せはこちらから!

札幌大通遺言相続センター LINE