「特別受益」とは?なぜ相続で争う原因になりやすいの?公平な遺産分割が難しい理由を解説

「特別受益」とは?なぜ相続で争う原因になりやすいの?公平な遺産分割が難しい理由を解説

遺産分割では、法律上、特別受益というものが認められています。

これがため、しばしば遺産相続においては、公平な分割が難しいといわれています。

それでは、特別受益とは一体何なのでしょうか。

今回は、しばしば「争続」にも発展してしまう相続の特別受益についてわかりやすく解説していきます。

特別受益は過去に受けた資本分を相続財産に算定する

特別受益は過去に受けた資本分を相続財産に算定する

民法903条では次のように定められています。

①共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、または婚姻、養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前三条の規定によって算定した相続分の中からその遺贈または贈与の価額を控除し、その残額を持ってその者の相続分とする。

②遺贈または贈与の価額が、相続分の価額に等しく、またはこれを超えるときは、受遺者または受贈者は、その相続分を受けることができない。

③被相続人が前二項の規定と異なった意思を表示したときは、その意思表示は、遺留分に関する規定に反しない範囲内で、その効力を有する。

つまり民法903条によれば、生前に被相続人から何らかの資金援助(結婚資金も含めて)を受けたことのある相続人は、その過去の受益分も相続財産として数えるということです。これが特別受益と呼ばれるものです。

ここで最大のポイントは、

特別受益額相続財産-特別受益

の図式が成立するケースに該当しない限りは、その人は新たに相続財産を得ることができないという点です。

なぜ不平等を感じやすい?特別受益の具体例

なぜ不平等を感じやすい?特別受益の具体例

たとえば、被相続人が、1000万円の財産を持っていたとしましょう。

そして3人いる相続人のうち一人が、生前に200万円の結婚資金を得ていたとします。

これは特別受益として扱われますので、被相続人の財産は「1000万円+200万円=1200万円」として算定されることになります。

3人で遺産を3等分する場合、一人当たり400万円ずつ分配されることになりますが、結婚資金を得ていた人は、すでに200万円を得ているとみなされますので、彼が新しく得られる相続財産は200万円という計算になるのです。

過去に結婚資金を得ていた方からすると、「他の2人は400万円も相続して不公平だ」と不満が出てしまうのもうなずけますよね。

そもそも、「あのときの結婚資金を特別受益としてみなしていいのか」という疑問もあるかもしれません。

事実、生前に受け取ったある一定のお金を「特別受益」とみなすのが妥当であるのかどうかは、なかなかに難しいといわれています。

ケースによっては、不服を申し立て、遺産分割調停を行わなければならないことも……。その場合は、弁護士などの専門家に依頼する必要があります。

さいごに

特別受益に関して疑問や不安をお持ちの方は、ぜひ一度、札幌の中でも高い相談実績を誇る札幌大通遺言相続センターにお問い合わせください。

必要に応じて、提携している弁護士をご紹介させていただき、ご相談者様を全面的にバックアップいたします。

ご相談・ご依頼は、事務所面談・電話・メール・ビデオ通話で柔軟に対応可能です。

初回相談は無料

まずは一度、お気軽にお問い合わせください。プロによる公平中立なアドバイスを受けることで、今後どうすればいいのか道筋を立てることができるようになります。


相続に関する無料相談・お問合せはこちらから!

札幌大通遺言相続センター LINE