遺産の評価はどのように行なうのか?


民法上、相続手続における財産評価方法は定められておらず、一般的には時価で計算していくことになります。 

しかしながら、評価方法によって財産価格に幅が出てしまったり、また民法と税法では、遺産の対象やその評価の扱いが異なるなど、専門的な判断が要求され、注意が必要です。

特に相続税が発生するような案件では、相続に詳しい税理士等の専門家に相談する必要がありますので、適切な専門家を当センターにてご紹介させて頂いております。



相続に関する無料相談・お問合せはこちらから!



 TOPに戻る  ●料金表  ●事務所概要  ●スタッフ紹介