相続人と法定相続分

 相続が発生し、亡くなられた方が遺言書を作っていなかった場合や、相続人間での話し合いがつかなかった場合には法律(民法)で決められた財産の分配ルールに従って遺産分割をしていくことが遺産分割方法の1つの目安となってきます。
 この法律で定められた相続方法を『法定相続』と呼びます。

                【大通遺言相続センターがお手伝いできること】はコチラ

  

法定相続人と法定相続分

【法定相続】においては、このように≪相続人≫≪相続分≫が決められています。

 

順位 法定相続人 法定相続分

配偶者と子

配偶者=2分の1

子(複数いる場合は等分)=2分の1

配偶者と直系尊属

配偶者=3分の2

直系尊属=3分の1

配偶者と兄弟姉妹

配偶者=4分の3

兄弟姉妹(複数いる場合は等分)=4分の1


  ■  配偶者』は常に相続人となります。
  ■  直系尊属(父母。双方がいない場合は祖父母)は、子がいない場合に限って相続人となります。
  ■  兄弟姉妹は、子と直系尊属がいない場合に限って相続人となります。
  ■  子や父母、兄弟姉妹が複数いる場合には、その相続分は法定相続分を等分します。




『相続人』はどのように確定するの?





相続に関する無料相談・お問合せはこちらから!



 TOPに戻る  ●料金表  ●事務所概要  ●スタッフ紹介